09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

英語を勉強しようと思ったワケ

2013年07月26日
なぜ、アラフォーになってやっと英語の勉強に目覚めたかについて記しておきたいと思います。

理由その1:仕事で英語を活かせる機会が巡ってきたから
理由その2:自分がこの世に生き残るため


この2つが大きな理由でもあり、今、英語を頑張っていられる動機でもあります。

中高生の頃、英語はむしろ嫌いな学科でした。逆に好きであり得意であった学科は数学と理科(特に物理)。その結果、別に将来を具体的に思い描いていたわけでもなく、半ば惰性的に理系の大学を受験して無事合格。大学に入ってから英語は1年生の時の半期のみが必修だったので、大学時代は英語に触れる機会はほぼ皆無でした。

社会人になり、何がきっかけだったかは忘れましたが、「英語を話せたらカッコいいなぁ~」と思い、英会話スクールに2度ほど通いましたが、それぞれ1年ほど通ったのちに、仕事が忙しかったことも言い訳の一つとなりフェードアウト。これは完全な若気の至りですね(笑)
結婚の後に、新婚旅行で海外旅行に行く機会があり、その後に、「英語を話せたらもっと海外旅行を楽しめるのに」と思い、3度目の英会話スクールに通いましたが、それも1年ほどしか続きませんでした。

そんな自分が今、2年以上も(も? 笑)、英語の勉強を続けられているワケは、先ほど上げた2つの理由です。
社会人の1日の大半は仕事で終わります。そんな環境の中で、英語に携わるチャンスを与えられたら、そりゃあもちろん英語学習の頑張る動機の一つになりますよね。そんなチャンスが巡ってきたのが2年前のことでした。これが一つ目の理由。

そしてもう一つの理由。「自分がこの世に生き残るため」
若干大袈裟な言い方だとは思いますが、今の会社での今のポジションを死守するため、もしくは何らかの事情によって職を変える必要が出てきたとき、英語力は欠かせないと思ったからです。
僕は十数年前に今の会社に入りました。入社後、約10年間、営業系の仕事をしていました。30代前半にさしあたったあるとき、IT系の部署に異動を命じられて今に至ります。そんなキャリアを持っている人間なわけですが、正直、第三者から見たら非常に中途半端な経歴になってしまったと思っています。営業職としても中途半端、SEとしても中途半端・・・。
そんな自分が今後、転職の必要に迫られたら?今の会社からリストラされることがあったり、会社自体が倒産することがあったら?今の自分のキャリアはその時に何の役にも立たない・・・!
そんなことを考えているうちに、「自分と自分の家族が生き残るための武器をもう一つ身につけるべきだ」と考えるようになりました。
幸いにも(?)今のうちの部署に英語が堪能な人間は一人もいません。だったらそれを強みにするしかない、と思ったのです。

学生時代は嫌いだった英語学習ですが、なぜか今は英語学習がむしろ楽しく感じられます。学生時代にもっと英語を頑張っていられたらなぁ・・・と思うこともしばしばですが、今さらそんなことを言っても仕方がないので、英語学習が楽しいと思える今を大事にしながら、日々頑張っていこうと思っている次第です。


↓ブログランキングに参加しています。↓

英語 ブログランキングへ
↑皆様のクリックがブログ更新の励みです。是非ポチお願いします!↑
スポンサーサイト
英語学習全般 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
タタさんの努力は本当に凄いし、見習いたいと思う(//∇//)試験だって勉強だって手を抜いてないし。尊厳します♪これからも陰ながら応援しています(*^^*)
No title
> ☆akane☆さん

コメントありがとうございます!
陰ながらとか言わず、表だって応援してください(笑)
まだまだ自分には甘い人間ですが、こうやって褒めてもらえるともっと頑張れますv-87
基本、作りが単純な人間なんで・・・(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。