09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

読了 "Wayside School is Falling Down"

2014年02月01日
本日読了しました。

"Wayside School is Falling Down"

[Marvinシリーズ]
#1 6119語 / 115分(53wpm)
#2 4631語 / 120分(39wpm)
#3 5209語 / 110分(47wpm)
#4 6698語 / 115分(58wpm)

[Wayside schoolシリーズ]
1作目:Sideways Stories from Wayside School 19844語 / 425分(46wpm)

そして今回のWayside schoolシリーズ2作目、
Wayside School is Falling Down 27,907語 / 630分(44wpm)

あれ?

また速度が落ちてる・・・

まぁ、いつもの言い訳ですが、楽しみながら読むことが長く続ける秘訣だと思っているので、とりあえず自分の好きなペースでやらせてあげてください(笑)

で、作品の感想ですが、1作目よりも更に面白かったです。
Wayside Schoolのぶっ飛んだ感じの生徒たちが2作目でさらにぶっ飛んだ感じで、それがとても面白かったです。

一番のお気に入りはChapter 26です。

↓(注!)ココからネタバレ↓

普段はとても優しいJewls先生が怪しい何かに憑りつかれたときの授業の話です。
Jewls先生が、
「今日は、『ピクルスの作り方』と、『7+4は?』と『イギリスの首都はどこか』について学びます」
と言った後に、ぶっ飛んだ生徒たちが、

「ピクルスの作り方は?」
という質問に対して、
「11!」
と答え、更には別の生徒が
「ロンドン!」
と答え、更には別の生徒が
「ピクルスはロンドンで作られる!」
と答えます。

こんな調子で、ぶっ飛んだ生徒たちによって、どんどんと授業がワケのわからない方向に展開され、しまいには何かに憑りつかれていた普段は優しいJewls先生が
「Shut up!!!」
とブチ切れてしまいます。そして、Jewls先生はピクルスが入っていた塩水を生徒に頭からぶっかけられて我に帰ります。

「Shut up!!!」という行儀の悪い言葉は、普段、Jewls先生のクラスでは使用禁止とされています。
普段は行いの悪い生徒がその罰として、お昼前に幼稚園児が乗って帰るスクールバスに同乗させられて帰宅させられるというルールがあるのですが、この日ばかりは、先生自らが反省して、生徒を残したまま、先生が幼稚園児のバスに乗ってお昼前に帰宅してしまう、というオチ(笑)


↑ネタバレここまで↑

まぁ、こんな感じで、一冊通して、ぶっ飛んだ生徒たちによるぶっ飛んだストーリーが展開されるという、かなり面白い作品でした。
このシリーズ、もう1冊あるみたいなので、近いうちに3冊目を読んでみたいと思っています。



そして、

先日、酒の勢いも手伝って、ダウンロードしてしまった、こちらのダ・ヴィンチ・コードですが、基本は積読本なんですが、ほんの少しだけ読み進めてみました。
YL8台というのは、やっぱり、今の自分にとってはかなり難易度が高いのですが、Kindle版で読み進めているということで、Kindleの辞書機能に助けられながら、何とか読み進められています。
やっぱり、映画を見て、和書を読んだ作品は、しばらく時間が経っても、ストーリーを覚えているので、その記憶は少し難しい本を読み進めるうえで、大きな助けになっています。


"Wayside School is Falling Down"を読み終えたということで、本日、

こちらを新たにダウンロードしました。
こちらの本は、先日、たまたま訪れたブロガーさんが多読王国で☆5つの評価をしていた作品で、YLも語数も今の自分にとっては理想的な作品だったので、迷わず次の作品として選定しました。
これまで、ルイス・サッカーの作品ばかりを読んできたので、今回新たな作家の本を読み進めることは少し楽しみでもあります。


今年に入ってから始めた多読。
この1ヶ月間で約7万語を読みました。
ということは単純計算、年間で84万語を読めるペースですが、今後の自身の成長を見込み、『年間100万語』を今年の目標にしてみようと決めました。
果たして、今年の暮れにどんな結果が報告されるのか楽しみにしていてください(笑)


ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
スポンサーサイト
多読 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
いいですねー♡
着々とタドキストですね(*^^*)
私も今月も新しい本読もうっと♫
多読♡
楽しそうですね!!!

私も読めないのにアガサクリスティを買っちゃって積読本になってます^_^;
でも目標として「いつか読んでやる!」と置いておくのも悪くないですよねー
Re: No title
>チリコさん

100万語を超えないと、タドキストとは名乗ってはいけないみたいです(笑)
今はまだタドラーです。年内にタドキストの称号を得られるよう、楽しみながら続けていきたいと思います。
Re: 多読♡
>mahさん
Agatha Christieの作品、いくつか調べてみましたが、やはりYL8~9が多いですね。
昨日、ブクログのメルマガで、ダ・ヴィンチ・コードシリーズ最新作『インフェルノ』が出版されたことを知りました。 一瞬、買いたい衝動に駆られましたが、まずは一作目を読み終えてからにします(笑)
お互い、積読本に埃が積もらない程度の時期には読み始めましょうね(^_^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。