09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オンライン英会話36回目

2014年01月30日
タイトルが中途半端ですが、今日で36回目のレッスンを終えました。

・ラングリッチ 無料体験×2 + 通常レッスン26
・hanaso:無料体験×3 + 通常レッスン×4
・DMM.com:無料体験×1

ラングリッチとの契約は2/2まで残っているのですが、hanasoの半額キャンペーンの最終日が1/28だったので、1/28からは毎日、ラングリッチ1コマhanaso2コマ、合計3コマを受けられるようになっています。
とは言うものの、平日に3コマを受講することはなかなか難しかったのですが、今日ついに、一日3コマ受講を初達成! 朝の出勤前に1コマを消化して、帰宅後に2コマ連続で受講しました。

これまでにhanasoで4レッスンを受講しましたが、最初の2人の先生はかなり印象がよく、さっそくお気に入り講師として登録(そういう機能がある)しました。
その2人の先生は他に本職を持っていて、仕事に行く前に自宅からレッスンをやったりしているのですが、社会経験が豊富なため、話題性に富んでいる気がします。(場合によってはアルバイト感覚で片手間にやっている先生もいるかもしれませんが・・・)

ラングリッチは講師全員がオフィスからのアクセスであるのに対して、hanasoは全員自宅からのアクセスです。
自宅からのアクセスは通信状態が大丈夫なんだろうかという不安がありましたが、この2人の先生に関しては全く問題ありませんでした。
ただ、3人目の先生のレッスンの時に2度ほど通話が途切れました。ただ、ラングリッチの時も、オフィスからのアクセスだったにもかかわらず、通話が途切れたことはあったので、どっちもどっちかな。
でも今回の3人目の先生は、たぶんもう予約はしないかな。発音はとてもキレイだったんですけど、やはりオンライン英会話にとって通信状態は大事ですよね・・・。

先ほど受講した4人目の先生は、日本人とのハーフの方でした。まだ学生で不慣れということもあってか、フリートークの話題は基本的にこちらから振っていかないと話が途切れてしまう感じでした。やっぱり社会人のほうが社交性には優れているだろうから、フリートークには社会人のほうが向いているのかなぁ・・・。


一方のラングリッチ。
後半になって、お気に入りの先生が見つかりました。
その先生はとてもテンションが高く、フリートークが全く途切れません。一方的に話すだけではなく、バランスよく、こちらにも話す機会を与えてくれます。

日本のことも好きみたいで、携帯でリラックマの絵を見せてくれ、

りらっくま

「この白いクマの名前はなんて言うの?」 
→コリラックマの『コ』は『小さい』って意味なんだと教えてあげました。


「この黄色い鳥の名前は?」なんて質問もされました。
ところでみなさん、この鳥の名前知ってました?

キイロイトリ

だってことを(笑)
(僕は今回初めて知りました。)


話が逸れましたが、その先生、今日のレッスンの中で、「来月の21日にラングリッチを辞めてナースになるんだ」ってことを教えてくれました。ずっとナースになりたかったとのことなので、先生にとってはラングリッチを去ることは喜ぶべきことなんだと思うのですが、この仕事が大好きらしく、辞めるのが寂しいと言っていました。病院での仕事に慣れたら、パートタイマー(今は常勤講師)で戻ってこようかな、って言っていました。

その話を聞いた後に、
「実は僕も来月の2日でラングリッチを辞めるんだ・・・」
という話をしたら、
「なぜ先にそれを話さない!」
と怒られました(笑)


いろいろ書きましたが、伝えたかったのは、ラングリッチとhanaso、それぞれに良いところと良くないところがあり、どちらにもいい先生はいるし、自分にとってはイマイチな先生もいるということです。

いずれにしても、英会話にとって何より一番大事なことは、
『たくさん話すこと』
だと思っているので、これからも毎日最低1コマのレッスンは続けていきたいと思っています。


ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
スポンサーサイト
英会話 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
アメリカもナースの多くはフィリピン人です。私の出産の時もいつもそうでした。人気あるのでしょうかねー
タタさんのおっしゃる通りとにかく話すにつきるのでどんどん話す機会をこれからも設けてください。そして本来の英会話学校もとても大切だと私は思っています。やはり何処かでネイティブをひとつでも設けないと正しい英語がみにつきませんからね。息子が日本で週一回の英語の授業がベトナムの先生で「英語いつも間違ってるよ」と言ってました。この間学校説明会で算数の先生がオージーでした。なんかtoeicのリスニングを聞いているみたいで。。。私もイギリス人、オージーの英語にもっと触れて見たいものです。
hanaso
タタさん、こんにちは♪
私も去年までhanasoで勉強していました。いい先生も沢山いますよね。
出勤前からレッスンお疲れ様です!私もたまに早朝レッスンを取るのですが、予約時はやる気満々でも朝起きる時にいつも後悔しています(笑)でももうキャンセルできないから渋々起きる日々。

先生の中にもナースの資格を持っている人が多いですよね。ナースの資格があっても病院で働く事ができるのはごく一部の人みたいです。

私も毎日レッスン目標ですv-220
お互い頑張りましょう~!
Re: No title
>chibbiさん
最近は日本の病院も人材不足で、フィリピンを中心とした東南アジアから日本の病院で働くという試みが勧められていますね。
今回の先生とは別の先生も日中はナースをしている方だったのですが、日本の病院での勤務には興味があるみたいでしたが、やはり問題は、language barrierだそうです。
日本人がもっと英語が理解できれば、英語で仕事が出来るんでしょうけどね・・・。

正しい英語を身につけたいと思い、これまでアメリカ人やイギリス人に英語を習ってきましたし、これからもそうし続けると思うのですが、その一方で、誰かが書いた記事で「日本人は自分たちの英語に自信が持たなさすぎる。英語といってもいろんな英語があって、どの地域の英語が標準なんてものはない。ニューヨークの英語が標準なのか。いや、英語に標準なんてものはない」というような内容のものを先日読みました。
ニュージーランドの英語なんて、正直、訛りがかなりキツくて、僕にはさっぱりなんですが、それでも彼らは臆せずに英語を話しますよね。あのスタンスを少しでも見習いたいと思う今日この頃です。
いろんな国のいろんな英語に触れるのもきっと大事なことですよね!(^O^)
Re: hanaso
>Momokoさん

こんばんは。
コメントありがとうございます!(^O^)

Momokoさんもhanasoやっていたんですね。
在宅勤務の先生って、本職を持ちながら出来る仕事なので、いろんな面において、能力が高い人が先生として働いているのかなぁ~と思ったりしています。

僕も寝る前にレッスンの予約をするんですが、朝起きたときに眠い日なんかは、こんな早い時間のレッスンを予約したことを悔いることは結構あります(笑)
でも、それくらいの強制力を持ってやらないと、毎日は続けられないとも思っています。(基本、意思が弱い人間なんで 笑)

ナースの資格というか、看護学科を卒業した先生はとっても多いですよね。きっと、フィリピンではナースは人気の職業なんでしょうね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。