07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

読了 "Wayside School is Falling Down"

2014年02月01日
本日読了しました。

"Wayside School is Falling Down"

[Marvinシリーズ]
#1 6119語 / 115分(53wpm)
#2 4631語 / 120分(39wpm)
#3 5209語 / 110分(47wpm)
#4 6698語 / 115分(58wpm)

[Wayside schoolシリーズ]
1作目:Sideways Stories from Wayside School 19844語 / 425分(46wpm)

そして今回のWayside schoolシリーズ2作目、
Wayside School is Falling Down 27,907語 / 630分(44wpm)

あれ?

また速度が落ちてる・・・

まぁ、いつもの言い訳ですが、楽しみながら読むことが長く続ける秘訣だと思っているので、とりあえず自分の好きなペースでやらせてあげてください(笑)

で、作品の感想ですが、1作目よりも更に面白かったです。
Wayside Schoolのぶっ飛んだ感じの生徒たちが2作目でさらにぶっ飛んだ感じで、それがとても面白かったです。

一番のお気に入りはChapter 26です。

↓(注!)ココからネタバレ↓

普段はとても優しいJewls先生が怪しい何かに憑りつかれたときの授業の話です。
Jewls先生が、
「今日は、『ピクルスの作り方』と、『7+4は?』と『イギリスの首都はどこか』について学びます」
と言った後に、ぶっ飛んだ生徒たちが、

「ピクルスの作り方は?」
という質問に対して、
「11!」
と答え、更には別の生徒が
「ロンドン!」
と答え、更には別の生徒が
「ピクルスはロンドンで作られる!」
と答えます。

こんな調子で、ぶっ飛んだ生徒たちによって、どんどんと授業がワケのわからない方向に展開され、しまいには何かに憑りつかれていた普段は優しいJewls先生が
「Shut up!!!」
とブチ切れてしまいます。そして、Jewls先生はピクルスが入っていた塩水を生徒に頭からぶっかけられて我に帰ります。

「Shut up!!!」という行儀の悪い言葉は、普段、Jewls先生のクラスでは使用禁止とされています。
普段は行いの悪い生徒がその罰として、お昼前に幼稚園児が乗って帰るスクールバスに同乗させられて帰宅させられるというルールがあるのですが、この日ばかりは、先生自らが反省して、生徒を残したまま、先生が幼稚園児のバスに乗ってお昼前に帰宅してしまう、というオチ(笑)


↑ネタバレここまで↑

まぁ、こんな感じで、一冊通して、ぶっ飛んだ生徒たちによるぶっ飛んだストーリーが展開されるという、かなり面白い作品でした。
このシリーズ、もう1冊あるみたいなので、近いうちに3冊目を読んでみたいと思っています。



そして、

先日、酒の勢いも手伝って、ダウンロードしてしまった、こちらのダ・ヴィンチ・コードですが、基本は積読本なんですが、ほんの少しだけ読み進めてみました。
YL8台というのは、やっぱり、今の自分にとってはかなり難易度が高いのですが、Kindle版で読み進めているということで、Kindleの辞書機能に助けられながら、何とか読み進められています。
やっぱり、映画を見て、和書を読んだ作品は、しばらく時間が経っても、ストーリーを覚えているので、その記憶は少し難しい本を読み進めるうえで、大きな助けになっています。


"Wayside School is Falling Down"を読み終えたということで、本日、

こちらを新たにダウンロードしました。
こちらの本は、先日、たまたま訪れたブロガーさんが多読王国で☆5つの評価をしていた作品で、YLも語数も今の自分にとっては理想的な作品だったので、迷わず次の作品として選定しました。
これまで、ルイス・サッカーの作品ばかりを読んできたので、今回新たな作家の本を読み進めることは少し楽しみでもあります。


今年に入ってから始めた多読。
この1ヶ月間で約7万語を読みました。
ということは単純計算、年間で84万語を読めるペースですが、今後の自身の成長を見込み、『年間100万語』を今年の目標にしてみようと決めました。
果たして、今年の暮れにどんな結果が報告されるのか楽しみにしていてください(笑)


ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
スポンサーサイト
多読 | コメント(4) | トラックバック(0)

読了 "Sideways Stories from Wayside School"

2014年01月23日

Sideways Stories from Wayside School読了しました。

#1 6119語 / 115分(53wpm)
#2 4631語 / 120分(39wpm)
#3 5209語 / 110分(47wpm)
#4 6698語 / 115分(58wpm)
ペーパーブックのMarvinシリーズのwpmはこんな感じで、今回は初めてのKindle本でした。Marvinシリーズのときは、読みながらわからない単語を辞書で調べた時間なんかも含まれていて、でも、Kindleアプリで読書をすると単語を調べるのが一瞬なので、wpmも改善するかな?と期待していたのですが・・・

Sideways Stories from Wayside School 19844語 / 425分(46wpm)

あれ?変わってない。。。(笑)

少しだけ言い訳すると、MarvinシリーズはYL2台に対して、Sideways Stories from Wayside SchoolはYL3台。そして、この本は1冊に30話のショートストーリーが入っているのですが、それぞれのストーリーの最後に必ずオチがあります。わかりやすいオチならいいのですが、たまにオチがよくわからないことがあります。そのオチは僕の英語力が不足しているからわからないのか、もともとネイティブ並の人が読んだとしてもイマイチよくわからないオチなのか・・・後者であることを願いつつ(笑)、オチを理解しようと、読み返したりして、一つずつのストーリーを丁寧に理解しながらのんびり読み進めていったら、こんなwpmになっちゃいました(笑)
まぁ、自分がやりたいようにやるのが長続きの秘訣だと思います。多読とオンライン英会話は質も大事ですが、それ以上に量・数をこなすことが大事だと思うので・・・。

肝心の本の内容ですが・・・。
Marvinシリーズと同じ作家の作品なのですが、Marvinシリーズよりもノリが軽く、ショートストーリー集なので、Marvinシリーズよりも気楽に読めます。先ほどもかいた通り、中にはイマイチよくわからないオチで終わってしまうストーリーもあるのですが、時には電車の中などでも思わずニヤッとしてしまうような終わり方もある楽しい本です。


そして今は、Wayside Schoolシリーズの2作目、

"Wayside School is Falling Down"に戻りました。(この2作目を先に読んでいて、途中から1作目を読み進めました。)

そしてそして先日、若干の酒の勢いも加わり・・・

"The Da Vinci Code"をダウンロードしちゃいました。

なんと・・・

YL:8.0

ダ・ヴィンチ・コードは僕が大好きな映画の一つで、小説版(和書)も読みました。
多読を始めたときから、「いつかはこれを読みたい!」と思っていました。「だったら、今からダウンロードしておけばいいじゃん」ということで、ダウンロードしちゃいました。
おそらく、宗教用語とか、暗号を読み解くシーンなどでも難しい単語はたくさん出てくるとは思うんですけど、いつか必ず英文で読みたかったんですよね。

既にきちんと本棚に収まっています。


今のところは『積読本』です(笑) 電子書籍なので埃は被りませんが、今年中には読破したいと思っています。

ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
多読 | コメント(0) | トラックバック(0)

Marvin Redpost #4 読了

2014年01月16日


Marvinシリーズ4冊目は、一日半で読了しました。
多読にも少しずつ慣れてきた感があります。

Marvinシリーズ4冊の語数と所要時間はこんな感じです。

#1 6119語 / 115分(53wpm)
#2 4631語 / 120分(39wpm)
#3 5209語 / 110分(47wpm)
#4 6698語 / 115分(58wpm)

読書ペースもほんの少し早くなってきました。
これからは少しずつ、読むスピードも意識していこうかと思っているところです。

さて、#4の感想ですが、今まで読んだMarvinシリーズの中で一番良かったです。
Marvinの責任感の強さと優しさ、そしてNorth先生の優しさに感動しました。中盤のハラハラドキドキ、そして終盤のお涙モノのバランスがとても良い作品だと思いました。

さて、ペーパーブック4冊を読み終えて、今朝からいよいよiPad miniを活用しての電子書籍読書を本格化させています。
一冊目はこちら、

"Wayside School is Falling Down"を読んでいます。
この本の選定理由は、多読のお師匠、mahさんが多読王国のサイト内で☆5つの評価をつけていて、なおかつ、YL(読みやすさレベル)も3台だったので、今の自分にはちょうど良いかと思い、サクッとKindleストアからダウンロードして読み始めた次第です。
ところがこの作品、3部作の2冊目だったらしく(それすら知らずに購入していました 笑)、今日、mahさんから「1冊目は飛ばしたんですね。1冊目から2冊目に繋がるストーリもあるので、1冊目もオススメですよ!」とアドバイスをいただいたので・・・

先ほど、購入・ダウンロードしちゃいました(笑)
というわけで、"Wayside School is Falling Down"はしばらくお休みして、まずは先に今日ダウンロードした"Sideways Stories from Wayside School"を先に読み進める予定です。

洋書の多読って何を選べばいいのかさっぱりわからないので、今のところ、mahさんのアドバイスを素直に100%聞き入れて読み進めています。今の自分はきっと、mahさんに何を勧められても何の疑いも抱かずに購入しちゃうと思います(笑)

それにしても、ネットが無い時代だったら、他人のレビュー意見を取り入れようと思っても、聞くことが出来るのは周りの人の意見などに限定されてしまって、しかも洋書なんて周りに読んでいる人なんてそうそういないだろうから、本の選定って物凄く苦労したと思います。
そう考えると、ネットを通じて、会ったことも無いような人達からアドバイスをいただけて、どの本が高評価の本なのかを知ることが出来る・・・良い時代だなぁと改めてシミジミ感じるのでした。

今日も寝る前にもう少し"Sideways Stories from Wayside School"を読んでから寝ようと思います。
部屋の電気を消して、布団に潜り込んで、iPad miniで多読をする、そして眠くなったらいつでも寝れる、という若干ぐうたらな感じも否定しきれない、このゆる~い多読生活スタイルが最近のお気に入りです(笑)

そういえば、これも今日知ったことですが、MarvinシリーズとWayside Schoolって同じ作者だったのね・・・。
全然知らなかったぁ~(笑)

ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
多読 | コメント(2) | トラックバック(0)

Marvin Redpost #3 読了

2014年01月14日

サクサクっと3冊目読了しました。
とは言っても、1冊わずか70ページ前後、5000語程度の本ばかりを読んでいるんですけどね。

#3もなかなか面白かったです。
子供の頃って変な迷信を妙に信じてしまったり、自分が女だったらどうだったんだろうとか、そういうことってよく考えますよね。そういう子供の頃によくありがちなことを上手く描いた作品だと思いました。

このMarvinシリーズを読み進めて、自分の語彙力のカバー範囲が結構偏ったジャンルにあることを思い知りました。
TOEICの勉強ばかりやってきたので、ビジネス用語には変に詳しいくせに、日常でよく使う言葉って意外と知らない単語が多いんです。
Marvinシリーズの中で出てきた単語の中では、例えば、

scream (動)叫び声を上げる
shriek (動)キャッと言う
nod (動)うなずく
shrug (動)肩をすくめる
gasp (名)ハッと息をのむこと
weird(形)異様な、気味が悪い

などなど。
こうやって見てみると、動作や様子を表す単語にかなり疎いことがわかります。たしかにTOEICのシーンには出てこなさそうな単語ばかりですよね。たかが児童書、されど児童書、侮ることなかれ、ですね。

これまでMarvinシリーズを3冊読みましたが、語数と読書に要した時間はこんな感じです。

#1 6119語 / 115分(53wpm)
#2 4631語 / 120分(39wpm)
#3 5209語 / 110分(47wpm)

TOEICのリーディングパート全てを解き切るには150wpmが必要と言われています。今の僕がTOEICのリーディングパートを本気で読んで出せるスピードが100pm程度。そう考えると、今回の多読はそうとうゆっくりペースです。ただ、読みながら辞書を引いて意味を調べたり、ちょっとだけ他の事に気を取られたり、少し誰かと話をしたり、という時間も含んでいて、更にはかなりリラックスした状態でノンビリと読んでいるので、こんな感じの速度になっています。TOEIC対策で考えると、本来はもっとハイペースで読む癖をつけるトレーニングを重ねるべきなのかもしれませんが、あまり苦痛に感じるような取り組み方では長続きしないと思うし、楽しくないと思うので、当面は今のペースでノンビリやっていくつもりです。


Marvinシリーズ#3を読了したので、今日の昼からは#4を読み始めています。



あと、日曜日に購入したiPad miniを少しずつ使いこなし始めています。
iPad.png
とりあえず、iPadにKindleアプリを無事ダウンロード。


kindle2.png
今のライブラリはこんな感じ。
500円ほどで購入した"Wayside School is Falling Down"と、あとは無料の洋書一冊と、チビ向けの無料の絵本1冊。
(チビは本を読んでもらいながら、一丁前に自分でフリックして上手にページをめくります 笑)


kindle1.png
そして、洋書の多読を電子書籍のやる上での一番良いところは、やっぱりこれ、辞書機能でしょう。わからない単語を長押しするだけで日本語の意味が表示できるのは本当に便利な機能です。これまでペーパーブックで読み進めてきましたが、基本的にはなるべく単語は調べないようにして読み進めましたが、やはりどうしても意味を調べたい時は、やはり少し時間がかかってしまいます。でも電子書籍だとこの辞書機能のおかげでストレスを感じることなくサッと意味を調べられ快適に読書を進めていけるところが一番の良いところだと思います。

Marvinシリーズの#4はおそらく明日あたりで読了できると思うので、そうしたらその後は、

いよいよ電子書籍へ本格デビューして、"Wayside School is Falling Down"を読み始めようと思っています。


ブログランキングに参加しています。
是非こちらへのクリックであなたの一票をお願いします!

英語 ブログランキングへ
あなたの1クリックがランキングを左右します。皆様のクリックがブログ更新の励みです。
最後までお読みいただきありがとうございます!(^O^)
多読 | コメント(6) | トラックバック(0)

多読用タブレット購入しました!

2014年01月12日
TOEIC無事終了!!

というわけで、数週間購入を封印し続けていたおもちゃを本日購入しました。
だって、テスト前に買っちゃったら間違いなく勉強しないで、このおもちゃで遊んでしまうから。(子供かっ!!)

本格的に多読を始めるために、数週間前から電子書籍が読める端末を探していました。Kindleストアでで憧れの電子書籍を購入して通勤中なんかに読書をするのです。

Kindleで電子書籍を読むならやっぱりKindle PaperwhiteかKindle Fireでしょ!!

というわけで購入しちゃいました!!

IMG_0105_20140112.jpg
ジャン!














ジャジャン!!!


IMG_0106_20140112.jpg


・・・。
Kindleなのに何故か背面にリンゴの絵が・・・???

どうやら何だか一瞬、気が触れてしまったようで・・・正気に戻ったのは会計が終わった時でした。


勢い余って、iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013/11発売)購入しちゃいましたぁ~。(若干意味不明)



実はこのRetinaモデル、第一世代のiPad mini(2012年10月発売)と比べると、ディスプレイの画素数と解像度が2倍になっているんです。画像を見比べてもイマイチ違いは判りません(iPadは元々画質がよいので)が、文字を見比べるとその差は一目瞭然!

(↓こちら参考記事です。)
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=10024

そう、iPad mini retinaモデルと電子書籍の愛称は抜群なのです。
価格面を考えると、この端末を買うならKindle Paperwhiteを4台ほど買えてしまうのですが、そこはここ数ヶ月、多忙な毎日を乗り越えた自分と、ここ数週間、当初の予定以上にTOEIC対策を頑張った自分へのご褒美ということで・・・(笑)

これを使って明日から早速、通勤中に多読生活を始める予定です。
移動中にタブレットを使っての多読なので、

こんなものも購入しちゃいました。やっぱりプロテクトは大事ですからね。

記念すべき電子書籍の第一冊目は

多読のお師匠、mahさんが読まれているYL3~4台の本の中でmahさんの評価が高く、そして他の多読王国民の評価も高かったこちらを選んでみました。

多読用のタブレットを手に入れたら、なんだか一気に一丁前のタドラーな気がしてきました(笑)
よーし。明日から多読頑張るぞー!!

↓ブログランキングに参加しています。↓

英語 ブログランキングへ
↑皆様のクリックがブログ更新の励みです。是非ポチお願いします!↑
多読 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。